スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

第五回東方紅楼夢 レポート【前日】 

地球剣愛国富士山落とし!

ん…、これ前どっかで言ったな…。
第五回東方紅楼夢、皆さまお疲れ様です。
怠慢です。

反省は山ほどあるが、黙って次回の課題に。

前回の更新は入稿後、一旦家戻って書いたのですが、
その後の流れから前日の流れをちょいとレポート。

合流して車で一緒に大阪行く予定だった、
黒猫、その御知人、抹茶コーヒー、幻想酒組には
電話で詫び入れて先に行ってもらう事に。

家で荷造りしてたら旧刊の入った段ボールが、
とても手で持っていける重さではない事を今更再認識。
大慌てで手引きカートにくくりつけ、
サークル道具を入れたバッグも乗せてみたが、
バランス悪い……。

時間がないのでヨタヨタしながらも出かけ、
製本された本を受け取る。
既に大きな段ボールに入れて頂いた状態だったが、
自分が持っているカートを見て
「もっと小さな箱に小分けにしましょうか」
と言ってもらった。
せっかくなので好意に甘えさせて頂き、
新刊入りの段ボールをカートに追加。

更にヨロヨロしながら大阪行きの新幹線に飛び乗る。
新大阪で下車、地下鉄御堂筋線で天王寺へ。
地下鉄で、「ポプルス」の段ボールをカートで引く
スマートな装いのイケメンを見かけ、間違いなく同業だと確信しながら
物凄い劣等感に苛まれたおかげで、
寝オチる事無く目的地に到達。

猫さん達が先に着いてるホテルは駅から近いというので、
天王寺駅到着後自力で探す事は特に問題なし。
どうしても分からなくなって迷ったら迎えに来てくれるという話だったが
なんか、「絶対一人で到着してやる!」的な意地になったので
ヨタヨタフラフラガタガタしながらホテル到着。

既に居る筈の猫さん、抹茶さん、幻ちゃんに次々電話掛けるも
まさかの全て留守番サービスセンター行きなので
受付に事情話したら、宿泊者全員の名前を受け賜っておられるとの事で、
名前を言って自分の部屋の鍵を貰い、誰にも会わない状態でベッドダイブ。

さっそく意識薄れかけた処へ着信。
どうやら皆風呂に入ってたようです。
みんな部屋に戻ってきました。
姫様こんぷれっくすで売り出すラミカの加工作業が残っているという話なので、
もちろん手伝いやってましたが、一時間もたたずに自分自身が電池切れ。
前日の突貫作業がついにしかるべき影響を。
見かねた猫さんにベッドに誘導され、朝7:30まで夢すら見ない熟睡へ。
図らずも、イベント前日にマトモな睡眠を取った初めての経験になってしまった…。
その結果、残された幻想酒と抹茶さんはいい迷惑、朝までコースで作業作業…、
いや、ホントごめんなさい…Orz

と言う訳で翌日のイベントに突入していくわけですが、
それはまた次回。

ブログランキング参加中です!
ポチっとクリックお願いします!
↓       ↓       ↓
ランキングぽちっとな
スポンサーサイト
 

 

 

第五回東方紅楼夢 レポート【当日】 | HOME | 勝ち残ったモノが人類最大の敵になる…!

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

 

 

 

| HOME |
 

 

 

S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07« 2017/08 »09

プロフィール

怠慢44口径

Author:怠慢44口径





万年頭痛腹痛持ちで
大雑把型神経質。

女の子を描くのが苦手で、
熱血か三白眼の少年を
描いてれば幸せだった筈が
何故か東方でちょこちょこ
活動している事態に。

ようやく個人サークル化して
ブログも起こせたけれど
前途は更に多難のようで。

色んな人にごめんなさい
は、もはやパッシブスキル。

ツイッター始めました。
つぶやくってこういう事か……
▼  ▼  ▼






ブログランキングに参加中です。
気が向いたら
クリックしてやってください。
一応他ブログ探しに行くのにも
便利なんだそうな。
↓ ↓ ↓

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ


総閲覧者数:

現在の閲覧者数:



検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。